白髪染めは頭皮によくない?

SITE MENU

白髪染めのこぼれ話

白髪染めのこぼれ話main画像

白髪染めというのは薬剤がきついものもありますが、最近は自然派なものもあります。

白髪染めは頭皮によくない?

白髪染めというのは使うと、どうしても髪の毛を傷めてしまうと言われています。

それは白髪染めというのは、ただ白髪の髪の毛の表面にカラーを付けていっているだけではないからです。

実は白髪になるのには、髪の毛を黒く見せているメラニンが足りなくなっている…不足しているという状態にあるのです。

そのメラニンが不足している状態の中で、どうにかしてメラニンの代わりになる色素を髪の毛に送り込んであげないと白髪という状態は、改善されません。

そして現在その白髪となりメラニン色素を失ってしまった髪の毛の、色素の代わりとなってくれる役割を担っている…いわゆる髪の毛の中に、どうにか色素を送り込んでくれるものというのが、私達がよく見かける白髪染めなのです。

このように聞くと白髪染めというのは、なんとなく万能というようなイメージを持つかもしれませんが、実は髪の毛が白髪になっているところへ、どうにか色を付けるべく薬剤を送りこむというのは、髪の外側から傷みや刺激、薬剤などから日々ガードしてくれている、キューティクルという存在に対して、キューティクルのガード機能を無理に壊して開いて、カラーリング剤、いわゆる薬液を送り込むというのが白髪染めのシステムなのです。

このように聞くと、なんだか白髪染めに不安を抱く方もいると思いますが、最近は自然志向な白髪染めというのもあります。

そういった白髪染めを選ぶというのも、選択肢の一つではないでしょうか。

【人気サイト】白髪染め実力ランキング

白髪染めのこぼれ話 Copyright beatoftravel.com.All Rights Reserved.